AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館に関するニュース » 京都てっぱく

京都てっぱく

読了までの目安時間:約 2分
IMG_2749

京都てっぱくとは、
京都の梅小路公園そばに
2016年4月29日にオープンする
「京都鉄道博物館」の略語に
なります。

 



スポンサードリンク

 

 

京都てっぱく

 

 

京都てっぱく関連のニュースですが、3月12日付の産経ニュースで気になる記事を見つけましたので、皆さんにシェアしたいと思います。

 

 

 

京都鉄道博物館展示予定の233号蒸気機関車が重要文化財に指定

 

 

 

国の重文指定される233号機

 

 

2016年4月29日に
京都の梅小路公園そばに
オープンする日本最大級の
鉄道博物館である、
「京都鉄道博物館」。

 

 

その、
京都鉄道博物館の
グランドオープンに花をそえる、

おめでたいニュースが、
産経ニュースに
掲載されていました。

 

 

JR西日本の
京都鉄道博物館に
保管されている、
明治36年度製造の
「233号蒸気機関車」が
国の重要文化財(国重文)に
指定されることが、
3月11日に決定したそうです。



スポンサードリンク

 

 

「233号蒸気機関車」が
国の重要文化財に指定される
ニュースは、実は凄いことでして、

国産の機関車としては、
「全国初の重要文化財の指定」になるそうです。

 

 

233号蒸気機関車は、
安定した性能と

メンテナンスの

容易さから、
明治42年までに
51両が製造されています。

 

 

233号蒸気機関車は、
国産初の量産型機関車となり、
230号系の初期の車両で、
全長9・7メートル、
高さ3・6メートル。

 

 

交通科学博物館(大阪市)で
保管されていましたが、
交通科学博物館の閉館に伴い、

京都鉄道博物館に
移されていました。

 

 

233号蒸気機関車の
重要文化財指定により、
ますます、
京都鉄道博物館の集客に
繋がりそうですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル