AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » EF66形直流電気機関車35号機

EF66形直流電気機関車35号機

読了までの目安時間:約 2分
EF66形直流電気機関車35号機

EF66形は、最高速度100mm/hの高速貨物列車を牽引するために開発された機関車です。

 



スポンサードリンク

EF66形直流電気機関車35号機

 

 

 

EF66形直流電気機関車35号機

 

【データ】

 

形式:EF66形
展示場所:本館
軸配置:B-B-B
歯数比:20:71=1:3.55
電気方式:直流1500V
1時間定格出力:3900kw
全長:18.2m
重量:100.8t
最高速度:110km/h
製造会社:川崎重工業
製造年:1974年
稼働期間:1974年〜2014年
使用線区:東海道本線、山陽本線、東北本線、武蔵野線



スポンサードリンク

 

 

 

試作機EF90形が1966年に登場、1968年から量産が開始されました。

 

 

 

1975年までに56両(試作機含む)、JR貨物になった1989年から1991年に100番台が33両製造されました。

 

 

 

貨物用としての開発でしたが、国鉄末期にロビーカーを連結し、重たくなった東京から九州の寝台特急にEF66が使われることになりました。

 

 

 

35号機は、新製されてから1986年11月に吹田機関区に転属するまで下関運転所に転属していました。

 

 

 

下関運転所のEF66形が寝台特急牽引を始めたのは1985年春からなので、35号機も先頭に立った可能性はあります。

 

 

 

JR貨物時代には、更新を受けて塗装が変わった時期もありましたが、国鉄時代の装いで保存されています。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル