AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » EF52形機直流電気機関車1号機

EF52形機直流電気機関車1号機

読了までの目安時間:約 3分
EF52形機直流電気機関車1号機

EF52形は1928年に新製された国産電気機関車初の幹線用大型電気機関車です。

 



スポンサードリンク

EF52形機直流電気機関車1号機

 

 

EF52形機直流電気機関車1号機

 

【データ】

 

形式:EF52形
展示場所:本館
軸配置:2C+C2
歯数比:22;76=1;3.45
電機方式:直流1500V
1時間定格出力:1350kw
全長:20.8m
重量:108.0t
最高速度:95km/h
製造会社:日立製作所
製造年:1928年
稼働期間:1928〜1973年
使用線区:東海道本線、阪和線



スポンサードリンク

 

 

 

鉄道省と各メーカーによる共同設計で、輸入機の中で使用実績が優秀だったアメリカ・ウェスティングハウス社製のED53、EF51形の影響を受けています。

 

 

7両が芝浦製作所・三菱電機・川崎車輌・日立製作所の4社へ同時に発注された関係で、番号順の竣工ではなく、1号機は6番目の登場でした。

 

 

7号機までは、旅客用としては歯数比が大きく、加速性能は良いが高速性能は劣る設計で、急行より普通列車に使われることが多くありました。

 

 

1931年には、歯数比を旅客用で一般的なものに変更した8・9号機が川崎車輌で新製されましたが、翌年にEF54形へ変更されました。

 

 

新製当初は、国府津機関区に配置され、東海道本線で旅客列車を中心に担当していたが、戦後は歯数比が勾配線区向きであることから、一部が甲府機関区に転じて中央線の旅客列車を牽引、さらに1958年までに全機が阪和線に転じ、旅客列車と貨物列車の双方を担当していました。

 

 

その後、75年に「さよなら運転」を行い、全機廃車となりました。

 

 

1号機は、日立製作所で新製され国府津機関区に配置、1952年に2号機とともに鳳電車区転属し、阪和線で走り始めました。

 

 

1968年に同形機全機と共に竜華機関区に転属、1973年に廃車されたあとは竜華区の扇形車庫内で保管され、1977年10月から交通科学館で保存されました。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル