AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » DD54形液体式ディーゼル機関車33号機

DD54形液体式ディーゼル機関車33号機

読了までの目安時間:約 2分
DD54形液体式ディーゼル機関車33号機

DD54形は、C57形蒸気機関車クラスの置き換えを念頭に開発された亜幹線用ディーゼル機関車です。

 



スポンサードリンク

DD54形液体式ディーゼル機関車33号機

 

 

 

DD54形液体式ディーゼル機関車33号機

DD54形液体式ディーゼル機関車33号機

 

 

【データ】

 

形式:DD54形
展示場所:プロムナード
軸配置:B-1-B
動力伝達方式:液体式
1時間定格出力:1820PS
全長:15.3m
重量:70t
最高速度:95km/h
製造会社:三菱重工業
製造年:1971年
稼働期間:1971年〜1978年
使用線区:山陰本線、福知山線、播但線、伯備線



スポンサードリンク

 

 

性能面では、エンジン1基のDE10形とエンジン2基のDD51形の中間を狙い、大出力エンジン1基で計画されました。

 

 

 

このクラスのエンジンや液体変速機の実績が純国産ではなかったため、1962年に三菱重工業が西ドイツのマイバッハ社との技術提携で製作した試作機DD91形をベースに開発されました。

 

 

 

その結果、1966年に登場したDD54形は、エンジンはマイバッハ社、液体変速機はメキドロ社との技術提携で開発した機器を搭載しました。

 

 

 

1971年までに40両が製造されたDD54形は、福知山・米子機関区に集中配備され、山陰地方や陰陽連絡線で運用されました。

 

 

 

1972年には特急に格上げされた「出雲」の牽引機に抜擢されましたが、2年ほどでDD51形に置き換えられました。安定運転には至らず、1979年までに全車が運用から外れました。

 

 

 

33号機の新製配置は米子機関区。特急「出雲」の牽引に備え、元ダメ管引き通しや、ヘッドマーク金具を装備した6両のうちの1両。1974年に福知山に転属し、1978年の廃車まで在籍しました。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル