AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » C58形テンダ式蒸気機関車1号機

C58形テンダ式蒸気機関車1号機

読了までの目安時間:約 3分
C58形テンダ式蒸気機関車1号機

C58形テンダ式蒸気機関車1号機は支線区の客貨両用に開発された中型機で、D51標準形を縮小したようなスタイルをしています。

 



スポンサードリンク

C58形テンダ式蒸気機関車1号機

 

 

C58形テンダ式蒸気機関車1号機

 

 

【データ】

 

形式:C58形
展示場所:扇形車庫
軸配置:1C1
動輪径:1520mm
全長:18.3m
重量:機関車58.7t/テンダ41.5t
最高速度:85km/h
製造会社:汽車造船
製造年:1938年
稼働期間:1938〜1983年
使用線区:品鶴線、山手貨物線、総武本線、房総東線、房総西線、石北本線、釧網本線など



スポンサードリンク

 

 

 

1938年から1947年に427両が川崎車輌と汽車造船で新製され、この他に私鉄向けが4両新製されました。

 

 

 

テンダ式で1C1という軸配置は日本では珍しく、国鉄では本形式が唯一の例となっています。

 

 

 

ただ、技術の進歩により性能を向上させる余地があるとされ、ディーゼル機関車の開発遅延に対応して設計が進んでいたC63形でも、軸配置は1C1を予定していました。

 

 

 

距離が長い地方線区を中心に全国で使用され、北海道東部や房総半島、高山本線、予讃本線などの亜幹線では小浜線や和歌山線などで比較的遅くまで活躍、信楽線では、1973年まで貨物列車を牽引していました。

 

 

 

1号機は、1938年に汽車造船で新製され東京周辺に配置され、1950年に千葉鉄道管理局管内から北見機関区に転属、梅小路蒸気機関車館に保存されるまで、主に池北線、石北本線・釧網本線で使用されました。

 

 

 

梅小路蒸気機関車館では、1979年の「SLやまぐち」号運転開始に伴い、同列車用の予備機として整備が行われ、1983年までの期間限定でC57形に代わり牽引したり、C57形との重連運転を行いました。

 

 

 

1980年9月には、横浜開港120周年記念で東横浜から山下ふ頭間のイベント運行を行っています。しかし、保存体制が見直され、1986年に廃車となり静態保存になりました。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル