AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » C55形テンダ式蒸気機関車1号機

C55形テンダ式蒸気機関車1号機

読了までの目安時間:約 3分
C55形テンダ式蒸気機関車1号機

C59形では入線できない規格の線区で使用する旅客用大型機関車として、1932年にC54形が17両新製されたが、さらひ改良を加えた新型機関車が計画され、C55形が1935年に登場しました。

 

 



スポンサードリンク

 

 

C55形テンダ式蒸気機関車1号機

 

 

C55形テンダ式蒸気機関車1号機

 

 

【データ】

 

形式:D55形
展示場所:扇形車庫
軸配置:2C1
動輪径:1750mm
全長:20.4m
重量:機関車66.7t/テンダ46.4t
最高速度:100km/h
製造会社:川崎車輌
製造年:1935年
稼働期間:1935〜1972年
使用線区:函館本線、室蘭本線、千歳本線、根室本線、宗谷本線



スポンサードリンク

 

 

 

 

1937年までに川崎車輌・汽車造船・日立製作所、三菱重工業によって62両が新製されました。

 

 

 

世界的にも流線形が流行していた時期で、本形式でも20から40号機が流線形で登場しました。

 

 

 

なお、台湾総督府鉄道向けに標準形が9両新製されています。

 

 

 

蒸気溜と砂箱を一体型のカバーに収め、1750mm動輪では最後のスポーク動輪で、その軽快なスタイルが好きなファンも多くいます。

 

 

 

最新鋭機として全国の主要機関区にC51形と共に配置され、急行を中心に担当しました。

 

 

 

流線形は運転面では効果がなく不便もあるため、1950年に標準形に準ずる形に改装されました。

 

 

 

後継機のC57形が増えると
北海道や九州などに配置されるようになり、国鉄蒸気機関車晩年まで旭川機関区と吉松機関区で使用されていました。

 

 

 

1号機は1935年に川崎車輌で新製、小樽築港機関区に配置されました。

 

 

 

梅小路蒸気機関車館で保存されるまで配属した機関区は、苗穂・下富良野・旭川・室蘭で、道外には出ませんでした。梅小路では動態保存の見直しで1979年に廃車となり、静態保存となっています。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル