AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » B20形タンク式蒸気機関車10号機

B20形タンク式蒸気機関車10号機

読了までの目安時間:約 2分
B20形タンク式蒸気機関車10号機

B20形タンク式蒸気機関車10号機は戦時中に車両統制会で設計された標準形小型機関車の一種です。

 



スポンサードリンク

B20形タンク式蒸気機関車10号機

 

 

 

B20形タンク式蒸気機関車10号機

 

 

【データ】

 

形式:B20形
展示場所:扇形車庫
軸配置:B
動輪径:860mm
全長:7.0m
重量:20.3t
最高速度:45km/h
製造会社:立山重工業
製造年:1946年
稼働期間:1946〜1972年



スポンサードリンク

 

 

 

 

駅や車両基地構内での入替用に鉄道省郡山工場と立山重工業で15両が1944年から1947年に製造されました。

 

 

 

空気ブレーキは装備されておらず、現在なら機械扱いで機関車としては認められない性能は新製当時でも持て余し、早々と廃車されるケースもあったようです。

 

 

 

主に大規模な機関区で、自走できない検査中機関車の移動に用いられました。

 

 

 

10号機は1946年に立山重工業で新製、姫路第一機関区に配置されました。

 

 

 

1948年から1949年にかけては、大和鉄道と川崎車輌に貸し出され、返却後は鹿児島機関区に転属しました。

 

 

 

他区のB20形が廃車された後も、機関区内の機関車や貨車の入替用として、梅小路蒸気機関車館で保存されるまで使い続けられました。

 

 

 

保存体制の見直しで1979年に廃車、静態保存されていましたが、2002年に開館30周年を記念して動態保存に復元されております。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル