AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » 9600形テンダ式蒸気機関車9633号機

9600形テンダ式蒸気機関車9633号機

読了までの目安時間:約 3分
9600形テンダ式蒸気機関車9633号機

9600形は大正時代を代表する貨物用機関車です。

 



スポンサードリンク

 

9600形テンダ式蒸気機関車9633号機

 

 

 

9600形テンダ式蒸気機関車9633号機

 

【データ】

 

形式:9600形
展示場所:扇形車庫
軸配置:1D
動輪径:1250mm
全長:16.5m
重量:機関車60.4t/テンダ34.5t
最高速度:65km/h
製造会社:川崎造船所
製造年:1914年
稼働期間:1914〜1972年
使用線区:中央本線、函館本線、胆振線、岩内線

 

 

 

9600形テンダ式蒸気機関車9633号機

 

 

鉄道省向けは、1913年から1926年まで新製され、国鉄の蒸気機関車で2番目に多い770両が登場しました。



スポンサードリンク

 

 

当時、称号規定はそこまでの大量生産を想定しておらず、101両目が付けるべき9700号はすでに9700形が使用していたので、101両目には頭に1を付けて19600号となりました。

 

 

それ以降も同様に付けられ、最終車番は79669号となりました。

 

 

四国を除く全国で使用され、樺太庁鉄道、台湾総督府鉄道、炭鉱系の私鉄なども新製、国鉄向け以外でも57両が製造されました。

 

 

なお、のちに樺太の鉄道は鉄道省に合併された為、最大番号は79688号でした。

 

 

動輪の上に火室を載せるという独特の設計で、火室を広くとった代わりに、ボイラー中心が他形式に比べ高くなりました。

 

 

動輪径は比較的小さく、ずんぐりした独特なスタイルとなっています。

 

 

このため、スピードはないがパワーがある機関車となり、入換や支線区の貨物列車用に重用されました。

 

 

実際、国鉄で営業用として最後まで現役だった蒸気機関車は、1976年3月まで稼働していた北海道・追分駅の入換用9600形3両でした。

 

 

9633号機は1914年に川崎造船所兵庫工場で新製され、関東甲信越方面で活躍、41年に北海道へ渡り、胆振線、岩内線で使用されました。

 

 

1955年以降は小樽地区入換用となりました。

 

 

NHK連続テレビ小説「旅路」に登場して知名度が上がったため、梅小路蒸気機関車館の動態保存機に選ばれました。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル