AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » 80系特急形気動車キハ81形普通ディーゼル動車キハ81 3

80系特急形気動車キハ81形普通ディーゼル動車キハ81 3

読了までの目安時間:約 2分
80系特急形気動車キハ81形普通ディーゼル動車キハ81 3

キハ80系は、1960年に登場した日本初の特急形気動車(ディーゼルカー)です。

 



スポンサードリンク

80系特急形気動車キハ81形普通ディーゼル動車キハ81 3

 

 

 

80系特急形気動車キハ81形普通ディーゼル動車キハ81 3

 

 

【データ】

 

形式:キハ81形普通ディーゼル動車
展示場所:本館
全長:21.3m
重量:42.2t
機関出力/台数:180PS/1台
定員:40人
最高速度:100km/h
製造会社:近畿車輌
製造年:1960年
稼働期間:1960年〜1978年
使用線区:はつかり、つばさ、いなほ、ひたち、くろしお



スポンサードリンク

 

 

 

 

2種類ある先頭車のうち、最初に登場したのがキハ81形で、当時の電車特急と同じボンネット形となっています。

 

 

 

翌年から、先頭車を2編成連結できる貫通形のキハ82形に変更して大量増備され、全国に気動車特急が登場しました。一方、キハ81は6両だけで終わりました。

 

 

 

キハ81形は、蒸気機関車牽引だった上野から青森間の特急「はつかり」に投入され、所要時間を大幅に短縮したが、動区間が電化完成すると1968年に電化され、上野から秋田間の「つばさ」に転用、短期間で「いなほ」に転用されました。

 

 

 

1972年に「いなほ」電車化のため、紀勢本線経由で天王寺と名古屋を結ぶ「くろしお」に転用されたが1978年に和歌山から新宮間が電化されたので廃車となり、キハ81-3のみ交通科学館で保存されました。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル