AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » 583系特急形交直流電車クハネ581形普通寝台制御車クハネ581-35

583系特急形交直流電車クハネ581形普通寝台制御車クハネ581-35

読了までの目安時間:約 2分
583系特急形交直流電車クハネ581形普通寝台制御車クハネ581-35

583系は、夜間は寝台車になる特急用電車です。

 



スポンサードリンク

583系特急形交直流電車クハネ581形普通寝台制御車クハネ581-35

 

 

 

583系特急形交直流電車クハネ581形普通寝台制御車クハネ581-35

 

 

【データ】

 

形式:クハネ581形普通寝台制御車
展示場所:本館
全長:21.0m
重量:44.4t
定員:44人(寝台33人)
最高速度:120km/h
製造会社:日立製作所
製造年:1968年
稼働期間:1968年〜2013年
使用線区:信越本線、北陸本線、湖西線、東海道本線、山陽本線、鹿児島本線、日豊本線



スポンサードリンク

交流電化区間と直流電化区間の双方で走行可能で、東北方面でも使用されました。

 

 

 

先頭車は、2編成連結運転の可能性を考慮して貫通形で作られました。機械室があるために定員が少ないクハネ581のほか、機器をすべて床下に収めて定員を増やしたクハネ583があります。

 

 

 

クハネ583-35の新製配置は、南福岡運転所で主に九州と関西をむすぶ昼行特急と寝台特急の双方で使われ、1975年に向日町運転所へ転属、九州と関西をむすぶ寝台特急や九州島内の昼行特急「雷鳥」に使われました。

 

 

 

本来は特急用ですが、1985年から夜行急行「きたぐに」でも使われるようになり、同列車の廃止に伴い廃車されました。

 

 

 

きたぐに

 

 

※JR西日本オリジナル塗装の晩年の「きたぐに」


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル