AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » 日本最大級の鉄道博物館「京都鉄道博物館」を徹底分析!

日本最大級の鉄道博物館「京都鉄道博物館」を徹底分析!

読了までの目安時間:約 12分
京都鉄道博物館 鉄道ジオラマ

いよいよ、

2016年4月26日(祝•金曜日)に

オープンする京都鉄道博物館。

 

 


日本最大級の鉄道博物館として

オープン前から、かなりの

注目を集めています。

 

 



スポンサードリンク


今回、京都に新たに出来る、

京都鉄道博物館のコンセプトは

「見る、さわる、体験する」

です。

 

 

京都鉄道博物館 コンセプト

 


「見る、さわる、体験する」と

いうコンセプトのもと、

現在、発表されている

京都鉄道博物館内の施設を

紹介すると共に、私なりに、

徹底的に分析したいと思います。

 

 

京都鉄道博物館 フロアマップ

 


まずは、

「見る」から!

 

 

京都鉄道博物館 見る

 


実物車両や鉄道模型など、

「見る」をテーマに

“楽しい”ポイントを

紹介します。

 

 

京都鉄道博物館 コンセプト 見る

 

 

貴重な車両が沢山!53両の車両展示

 

日本の近代化を牽引した53両の

「蒸気機関車から新幹線まで」を

収蔵。

 

 

京都鉄道博物館 展示車両展示

 

 


0系新幹線電車の第1号車や、

時速300kmでの

営業運転を実現した

500系新幹線電車。

 

 


国鉄最大の

C62形蒸気機関車など。

 

 


歴史的に価値のある

貴重な車両を数多く

展示しています。

 

 


事前に展示場所や

車両の種類などを

確認すると、

より楽しみながら

見学することができます。

 

 

係員が動かす大迫力!鉄道ジオラマ

 

京都鉄道博物館 鉄道ジオラマ

 

実物車両の

約1/80スケールの鉄道模型を

係員が運転する

巨大なジオラマは

幅約30m・奥行約10mもの

大きさを誇ります。

 

 


車両基地などの

鉄道に欠かすことのできない

施設を再現し、

模型の走行を通じて

鉄道システム全体を

楽しむことができます。

 

 

蒸気機関車ファン必見!連絡デッキとSL第2検修庫

 

京都鉄道博物館 SL第2検修庫

 

展示場所:SL第2検修庫

 

 


京都の景観を

楽しむことができる

本館2F連絡デッキでは、

眼下に扇形車庫と

蒸気機関車群を

望むことができます。

 

 


梅小路運転区内に新設された

SL第2検修庫では、

蒸気機関車の検査修繕作業を

見学することができます。

 

 


※作業内容によって、

見学することが

できない場合があります。

 

 

走行車両も蒸気機関車も京都の景観も!スカイテラス

 

京都鉄道博物館 スカイテラス

 

展示場所:本館3F

 

 


本館3Fの南側にある

スカイテラスは、

花や緑がいっぱいの

誰もが憩える空間です。

 

 


鉄道ビューポイントとしても

抜群の眺めを誇り、

目の前すぐに

JR京都線や東海道新幹線など

多くの走行車両を

見ることができます。

 

 

あの車両を間近で見ることができる!車両工場

 

京都鉄道博物館 車両工場

 

 

実際の営業線とつながっている

引込線を活用して、

現役で運行している車両なども

臨時で展示しています。

 

京都鉄道博物館 コンセプト さわる

 

続いては、

「さわる」!

 

 


駅や電車のしくみ、模型など、

「さわる」をテーマに

“楽しい”ポイントを

紹介します。

 

 

京都鉄道博物館 コンセプト さわる

 


駅の再現展示や

車輪・連結のしくみが

分かる装置など、

鉄道をさわってみよう!

 

 

今と昔の色々な違いを見てみよう!列車に乗ろう

 

 京都鉄道博物館 本館2階

 


展示場所:本館2F

 

 

 

昭和初期と現在の駅について、

実際の設備を

再現しているコーナーです。

 

 


駅の役割が

今と昔でどう違うのかや、

駅の仕事について、

雰囲気を味わいながら

楽しく学ぶことができます。

 

 

京都鉄道博物館 コンセプト さわる

 

 

楽しみながら学ぼう!摩擦を感じてみよう!

 

 

京都鉄道博物館 本館2F



スポンサードリンク

 

 

展示場所:本館1F

 

 


実物大の車輪を

引っぱるなどの

体験を通して、

鉄道の基本的な

しくみを学ぶことができます。

 

 

京都鉄道博物館 連結器

 

 

連結器

 

 

 

展示場所:本館1F

 

 


模型などを使って、

車両と車両をつなぐ

連結装置の種類や構造、

しくみなどを

学ぶことができます。

 

 

京都鉄道博物館 信号の仕組み

 

 

信号・閉そく・ポイントの連動

 

 


展示場所:本館1F

 

 


実物の資料や、

実際に動く展示を中心に、

車両の進路を切り替える

ポイントと信号の役割や

しくみを学ぶことができます。

 

 

京都鉄道博物館 橋の役割 構造

 

 

橋を架ける

 

 


展示場所:本館1F

 

 


鉄道における橋の役割や

構造、工法などを

学ぶことができます。

 

 

京都鉄道博物館 安全対策 体験

 

 

ホームの安全対策

 

 


展示場所:本館1F

 

 


実際の駅のプラットホームに

設置されている各種の

安全対策を、体験しながら

学ぶことができます。

 

 

最後に、

「体験する」!

 

京都鉄道博物館 コンセプト 体験する image

 

 

京都鉄道博物館 SLスチーム号

 

 

SLスチーム号

 

 


展示場所:SLのりば

 

 


本物の蒸気機関車が

牽引する客車に

乗車することができます。

 

 


梅小路蒸気機関車館で

大人気だった体験展示

「SLスチーム号」を

引き続き実施。

 

 


往復1kmを

約10分間で走る間、

蒸気機関車での旅気分を

味わうことができます。

 

 


京都鉄道博物館の

開業に合わせて、

SLスチーム号の

新しい客車が完成しました。

 

 

京都鉄道博物館 新型 SLスチーム号

 


コンセプトは「レトロ」。

 

 


牽引する蒸気機関車と

同年代に製造された

客車のイメージを取り入れ、

京都の歴史・優美さと

「人が集まって楽しむ」

雰囲気を演出する

「聚楽ぶどう色」を

採用しました。

 

 


より多くのお客様に

体感していただけるよう、

着席定員を以前の客車の

80席から208席に増加。

 

 


車椅子定員も2台から4台に

倍増しています。

 

 

今日はどの路線を運転しよう?運転シュミレーター

 

 

京都鉄道博物館 運転シュミレーター

 


展示場所:本館2F

 

 


運転士が

実際に訓練で使用する

シミュレータを使って、

本物の訓練さながらに

お仕事体験ができます。

 

 


他にも、

運転時に携帯するかばんや

仕事道具の紹介。

 

 


制服の着用など

色々な角度から

運転士のお仕事を

学ぶことができます。

 

 

搭載カメラで運転士気分!列車を安全に走らせよう

 

 

京都鉄道博物館 模型 運転体験

 

 

展示場所:本館2F

 

 


鉄道の安全を守る役割を持つ

「ATS」や「ATC」といった

システムのしくみを

紹介するコーナーです。

 

 


模型による運転体験を通して、

楽しみながら、安全について

学ぶことができます。

 

 

楽しみながら学ぼう!複数の列車をコントロールする

 

 

京都鉄道博物館 列車の運行制御 体験

 

 

展示場所:本館2F

 

 


列車の運行を制御する

指令所で行われている

仕事のしくみを、

体験を通じて

楽しく学ぶことができます。

 

 

京都鉄道博物館 軌道自転車体験

 

 

軌道自転車体験

 

 


展示場所:本館1F

 

 


保線の現場で

線路点検に用いている

実際の軌道自転車での走行を、

楽しみながら、

体験することができます。

 

 

京都鉄道博物館 コンセプト

 


このように、

3つのコンセプトによって

展開される京都鉄道博物館。

糖尿病 高血圧 食事改善方法について。

 

 


随時、情報が入り次第、

速報という形で

このブログにて

紹介していきたいと思います!

 

 


この春!!

 

 


京都がアツイです!!

 

 


ぜひ、春の旅行は、

京都へお越し下さい!!!

 

 

京都鉄道博物館 館内地図


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル