AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » 京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

読了までの目安時間:約 3分
京都鉄道博物館 車両搬入

京都鉄道博物館について
書いていきたいと思います。

 



スポンサードリンク

 

 

京都鉄道博物館

 

 

これまでの記事で、
京都の梅小路公園の中にあった
旧梅小路蒸気機関車館が
「京都鉄道博物館」として、
リニューアルOPENすることを、
お伝えしてきました。

 

 

 

今回は、
4月29日にオープンが
決まっている、
京都鉄道博物館の
詳細部分を、
取材してきました。

 

 

 

その取材内容を、
わかる範囲で皆さんに
お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

(1)JR西日本が運営「京都鉄道博物館」って?

 

 

 

京都鉄道博物館は、
京都梅小路エリアにおいて、
西日本旅客鉄道(JR西日本)が
梅小路蒸気機関車館と
一体となった
施設として計画し、
2016年春の開業を
予定している博物館の事です。

 

 

 

西日本旅客鉄道(JR西日本)が所有し、
公益財団法人交通文化振興財団に
運営・管理を委託されています。

 

 

 

着工は2014年、
総事業費は約70億円で、
このうち設計費と
建設工事費は約36億円という
規模だということです。



スポンサードリンク

 

 

 

現在の梅小路蒸気機関車館を
含む敷地面積は30,435m2。

 

 

 

蒸気機関車館の西側に
エントランス棟と
プロムナード棟、
本館、屋外上屋を整備し、
53両の鉄道車両が収蔵されます。

 

 

 

蒸気機関車館も
扇形車庫の耐震補強工事を
実施するほか、
蒸気機関車の動態保存環境を
改善するため
新しい整備施設
(SL専用検修庫)を設ける予定です。

 

 

 

プロムナード棟には
蒸気機関車や電車、
新幹線車両をそれぞれ
連結した状態で展示。

 

 

 

屋外上屋は
旧京都駅0番線ホームの
上屋トラス構造を
展示するほか、
収蔵車両も展示されます。

 

 

 

本館は1階に
営業車両の引込線など、
2階にジオラマや
運転シミュレーターなど、
3階に資料室や
展望テラスなどが
設置される予定です。

 

 

 

現在の蒸気機関車館の
施設のうち、
旧二条駅舎では
蒸気機関車の
仕組みを中心とした
展示を行い、
扇形車庫は
これまで通り
保存蒸気機関車の
展示が行われます。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル