AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » 京都鉄道博物館 車両入れ替え

京都鉄道博物館 車両入れ替え

読了までの目安時間:約 2分
京都鉄道博物館 車両搬入

京都鉄道鉄道博物館の
車両入れ替えに
欠かせないものを、
みなさん

ご存知でしょうか?

 



スポンサードリンク

 

京都鉄道博物館 車両入れ替え

 

埼玉のてっぱくを
ご存知の方は、
もうお分りかと思います。

 

 

そうです。

 

 

京都鉄道博物館の
車両入れ替えは、
引き込み線を使って、
行われます。

 

 

(埼玉の鉄道博物館にも、
引込線は存在しており、
展示車両の入れ替えに
活躍しています)

 

 

引き込み線(引込線)とは?

 

 

引き込み線(ひきこみせん)

 

 

鉄道などで、
本線から分岐して
保線車両用を含む
車両基地や、
工場などに
引き込まれた専用の
線路の事をいいます。



スポンサードリンク

 

 

京都鉄道博物館では、
館外に延び、
実際の営業線とつながる
引込線を活用して、
現役で運行している
車両なども臨時で
展示する予定です。

 

 

つまり、
京都鉄道博物館の
車両入れ替えは、
この引込線を使用して、
行うので、引込線が、
大活躍するのです。

 

 

もちろん、
グランドオープンに
合わせて、運び込まれた、
京都鉄道博物館の展示車両も
この引込線を使用して、
館内に移動されました。

 

 

つまり、
京都鉄道博物館の

引込線は、
京都鉄道博物館の

展示車両を
出し入れする

要となるのです。

 

 

このように、
大規模な鉄道博物館には、
引込線は欠かせない役割を
担っています。

 

 

もちろん、
京都鉄道博物館の
車両入れ替えにも、
この引込線が
大活躍する事でしょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル