AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » 京都鉄道博物館の概要

京都鉄道博物館の概要

読了までの目安時間:約 8分
image

京都鉄道博物館の

オープンまで、

いよいよ3ヶ月を

きりました!

 

 

そこで今回は、

オープン日まで待てない

鉄道ファンの皆様の為に、

京都鉄道博物館の概要を

お届けしたいと思います。

 



スポンサードリンク

 

上空から見た

「京都鉄道博物館」

 

京都鉄道博物館 求人

 

京都鉄道博物館 オープン

 

 

そもそも、

京都鉄道博物館が

オープンする

場所ってどこ???

 

 

京都鉄道博物館の住所

→〒600-8035

京都府京都市下京区観喜寺町

 

 

最寄駅はどこ??

 

 

最寄駅

 

 

①JR京都駅の中央口から西へ

徒歩約20分です。

 

京都鉄道博物館 京都駅からのルート

 

 

②JR嵯峨野線の「丹波口駅」から

南に徒歩約15分です。

 

京都鉄道博物館 丹波口駅からのルート

 

 

開業日はいつ??

 

 

開業日

2016年4月29日(金•祝)に決定しました。

 

 

公式ホームページは?

 

 

JR西日本が運営する日本最大級の

鉄道博物館「京都鉄道博物館」

HP→http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

 

 

具体的に何ができるの?

 

 

2016年4月29日、

日本の近代化を牽引してきた

「鉄道」を、

さまざまな角度から

体感していただける

新しい鉄道博物館が

伝統と革新が融合するまち、

京都に誕生します。

 

 

京都鉄道博物館には、

梅小路蒸気機関車館に

収蔵・展示していた

20両の蒸気機関車も含めた

53両の車両を

収蔵・展示します。

 

 

展示車両には

0系新幹線電車の第1号車や、

時速300kmでの

営業運転を実現し

ギネスブックにも掲載された

500系新幹線電車、

戦後の特急列車を牽引した

国鉄最大の

C62形蒸気機関車など、

歴史的な価値を持つ車両を

収蔵します。

 

 

館内には何があるの?

 

 

①プロムナード

 

京都鉄道博物館 プロムナード

 

エントランスホールと

本館とをつなぐ

全長約100mの

プロムナードは、

駅のプラットホームを

イメージした

屋外スペースです。

 

 

自然の光と風が

通り抜ける空間に、

実物車両を編成で

展示しています。

 

 

②本館1階

 

京都鉄道博物館 本館1階

 

広大な吹き抜け構造となる

本館1F。

 

 

黎明期から現代に至る

鉄道の歴史、

鉄道のしくみと特長、

そして車両の魅力を、

実物車両や工夫を凝らした

体験型の展示などで

わかりやすく

紹介しています。

 

 

③本館2階



スポンサードリンク

 

京都鉄道博物館 本館2階

 

本館1Fの展示車両を

見下ろす吹き抜け構造の

本館2F。

 

 

体験型の展示はもとより

レストランや

休憩所などを配し、

長く楽しむことができる

フロア構成としています。

 

 

④本館3階

 

京都鉄道博物館 本館3階

 

本館3Fの南側に、

花や緑がいっぱいの

明るく広々とした

屋外展望デッキ

「スカイテラス」を

設けています。

 

 

一日を通じて、

JR京都線や

東海道新幹線など

多くの走行車両を

見ることができる

鉄道ビューポイントです。

 

 

⑤トワイライトプラザ

 

京都鉄道博物館 トワイライトプラザ

 

大正時代を代表する

トラス構造を持つ

ホームとして、

歴史的価値を有する

2代目京都駅。

 

 

その上家を

再利用して造る空間に、

トワイライトエクスプレス

などの貴重な車両を

展示しています。

 

 

⑥旧二条駅舎

 

京都鉄道博物館 旧二条駅舎

 

明治37年に建設され、

現役時代は日本最古級の

木造駅舎といわれていました。

 

 

平成8年に

京都市指定有形文化財に

指定された駅舎の中には

展示の他、

ミュージアムショップを

設置しています。

 

 

⑦扇形車庫

 

京都鉄道博物館 扇形車庫

 

国指定の重要文化財である

扇形車庫と、蒸気機関車が

ダイナミックに回転しながら

向きを変える転車台。

 

 

ここには、

明治から昭和にかけて

活躍した

代表的な蒸気機関車を

展示しています。

 

 

⑧SLのりば

 

京都鉄道博物館 SLのりば

 

本物の蒸気機関車が牽引する

客車に乗車できる

人気の体験展示

「SLスチーム号」。

 

 

毎日欠かさずに

蒸気機関車を運行する

日本でも数少ない取り組みです。

 

 

⑨SL第2検修庫

 

京都鉄道博物館 SL第2検修庫

 

蒸気機関車の

検査修繕に特化した

専用検修庫が、

当館に隣接する

梅小路運転区内に新設。

 

 

連絡デッキから

蒸気機関車検修の

作業風景を

見学することができます。

 

 

※作業内容によって、

見学することができない場合があります。

 

 

京都鉄道博物館の広さは?

 

 

延床面積は、

なんと3万435平方メートル!

 

 

具体的には、

敷地面積が30,016平米、

延床面積が30,435平米という

数字なので、

埼玉県の鉄道博物館の

敷地面積、41,600平米、

延床面積、28,200平米と比べても

ほぼ同規模の施設とみていいでしょう。

 

 

こうやって比べてみると

その大きさが分かりますし、

これは、かなり、

期待できそうですね。

交通事故示談金の相場について考察したブログ。

 


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル