AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の概要 » ヨ5000形車掌車ヨ5008

ヨ5000形車掌車ヨ5008

読了までの目安時間:約 2分
ヨ5000形車掌車ヨ5008

ヨ5000形は、戦後、標準形車掌車として大量生産されたヨ3500形の走り装置を1段リンク式から2段リンク式に改良、最高速度を75km/hから85km/hに向上させた車両です。

 



スポンサードリンク

ヨ5000形車掌車ヨ5008

 

 

 

ヨ5000形車掌車ヨ5008

 

 

【データ】

 

形式:ヨ5000形
展示場所:本館
全長:7.8m
重量:9.6t
製造会社:川崎車輌
改造年:1959年



スポンサードリンク

 

 

 

ヨ3500形改良車両と、最初から2段リンク式で新製した車両があります。

 

 

 

当初コンテナ特急「たから」用に登場したため、車体色は当時の国鉄コンテナと同じ黄緑色であったが、1962年新製分からは貨物標準の黒色となりました。

 

 

 

現在の貨物列車では、原則として車掌は乗務しないが、かつては、車掌車または緩急車に車掌が乗務し、貨車の監視や必要に応じて非常ブレーキ操作、列車防護作業など列車運転に必要な業務を担当していました。

 

 

 

ヨ5008号は1959年に登場、引退後はJR貨物が保管していました。本館開業にあたり、記念コンテナなどとともに譲り受けました。

 

 

 

汐留貨物駅と梅田貨物駅を結ぶ日本初のコンテナ列車「たから号」使用当時の黄緑色に復元されています。

 

 

 

記念コンテナは、JR貨物が1999年に鉄道コンテナ50周年を記念して50個限定で製作しました。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル