AX

京都鉄道博物館に行こう! » 京都鉄道博物館の口コミ・評判【特集】 » 京都へ鉄道を見に子供とお出かけ

京都へ鉄道を見に子供とお出かけ

読了までの目安時間:約 5分
京都 鉄道 子供

京阪神にお住まいの子供
特に鉄道大好きキッズ
京都鉄道博物舘へお出かけしてみませんか。



スポンサードリンク

博物館は京都へ子供と一緒に!!

私は京都生まれ京都育ちなので
遠足等で何度も遊びに来ているエリアです。

以前の梅小路公園から
さらにグレードアップして
鉄道博物館へとリニューアル
最近果たしたそうです。

博物館 京都 子供

京都鉄道博物舘の
電車の展示には、男の子や女の子も
心を鷲掴みにされます。

京都鉄道博物館の前売り券

小さな子供などですと
滞在時間はせいぜい
1-2時間くらいでしょうか?

それでも
お得な入場料金で満足が出来ます。

大人、一人1200円
幼児、一人200円
3歳以下は無料です。

チケットの前売り券を購入すれば
行列に並ばずに済みます。

前売り券はコンビニなどで
購入することが出来ますよ。

京都 鉄道博 物館 前売り券

また、京都鉄道博物舘は
京都駅から徒歩で20分程度になります。

ベビーカーや抱っこ紐で
移動の、パパやママにとっては
少し遠い距離になりますね。

もしそんな風に感じたなら
京都駅から
タクシーでワンメーターで到着します。

雨の日などは、車での
利用もいいと思います。

京都鉄道博物館で展示車両を楽しむ!!

博物館へ入ってすぐに、目に入ってくるのは
本物さながらの改札口です。

それに、本物そっくりな
電光掲示板に、子供は
「駅に来た!」と大興奮ですね。

そして、たくさんの
電車や新幹線の展示の数々。

鉄道ファンならずとも
その綺麗な、流線型ボディ
見惚れてしまいます。

京都鉄道博物館 展示車両

普段は見れない
電車の運転席内
詳しく見ることが出来ますよ。

私は雷鳥のような
肌色&赤の電車を見ると
ワクワクしてきます。

京都の博物館でイベントを体験してみよう!

また博物館では企画展示されています。

その情報で訪れるのもいいですね。

少し前に、Eテレのおとうさんといっしょの
公開収録があり、参加してきました。

スクリーンショット 2017-11-23 5.28.41

電車の展示を前に
キャラクターや演者さんが
楽しく歌って踊っていました。

それを観た、子供達は
とても興奮していました。

京都鉄道博物館 slスチーム号に乗ろう!!

外に出ると扇型の
汽車の車庫が見えてきます。

ここでは、入館料と別途料金になりますが
本物のSL機関車に乗ることが出来ます。

京都鉄道博物館 slスチーム号

このSL機関車は、迫力満点
黒煙を、もくもくと出して
シュー! と汽笛をあげてくれます。

京都駅を下りて
SL機関車の警笛音が
京都鉄道博物舘に
近くなるほど、聴こえてくると
本当にワクワクしてきます。

ここでも館内も外でも
写真を撮る事が楽しめますよ。

私は、このSLとの記念撮影をオススメします。

京都鉄道博物館で写真撮影

パパまたは、ママどちらかが
線路の向こう側でカメラを構えてみてください。

シャッターチャンスを逃さないようにしましょう。

飛び切りの子供の笑顔
可愛く撮れること、間違いです。

京都鉄道博物館 写真撮影

写真撮影でパパやママも、きっと満足出来ます。

我が家は昨年の、年賀状の写真に採用しました。

京都鉄道博物館でベビーカーを貸し出してくれます

入館の近くには、ベビーカーの
貸し出しがあります。

また、持参したベビーカーを
置けるスペースもありましたよ。

ヨチヨチ歩きの、赤ちゃんなら
ベビーカーを使ったり
持参した抱っこ紐で
館内を移動するのが無難かもしれません。

京都鉄道博物館 ベビーカー

結構歩き回りったり走り回る子供なら
貸し出しベビーカーを借りみてください。

子供が疲れたら休憩することが出来ます。

梅小路公園でお弁当を!

午前早めに遊びにきて
昼頃に博物館を退館。

晴れていたら
梅小路の原っぱでお弁当を食べるのもいいですよ。 😛 

もちろん館内には、レストランの
用意も有ります。

梅小路公園 お弁当

そこではパパもママも
ゆっくりと休憩する事が出来ますね。

京都鉄道博物館の 混雑する日!!

リニューアルされたばかりの
京都鉄道博物館は
土日祭日など混雑している日もあります

お出かけ前に
ネットや電話などで事前に調べて行くことを
オススメします。

京都鉄道博物館 混雑

上手に調べて
お手軽に家族、皆んなで
お出かけを楽しんでみてくださいね。

 


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

観光地の情報が満載「トリップアドバイザー」
よく読まれている記事
最新記事
記事カテゴリー
るるぶトラベルの公式サイト
るるぶトラベル